気の向くまま徒然に旬のジャンルを扱った絵日記ブログで す。その時々を不定期に更新しています。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

藤川史

  • Author:藤川史


  • 誕生日 8月11日
    職業 看護師
    趣味 絵描き・映画鑑賞等
    関西在住の人。

    リンクは貼っても剥がすもご自由に。相互リンク様募集中。
    ご報告頂けると喜んで遊びに行かせて頂きます。
    何か有りましたら、下記のWeb拍手又はメルフォより問い合わせて下さい。

最近の記事
カテゴリー
参加中の同盟
ルルスザ同盟 ゼロスザ同盟 ルルユフィ同盟 軟弱のルルーシュ 百発チーズ同盟 米英日みつどもえ同盟 伊日ロマ主張 西墺同盟 ブレネリ同盟 リヒテンシュタイン同盟 スイリヒかわいい カナダさんを愛する友の会 米を愛す会 英国紳士不憫同盟 香港同盟 日台同盟 バラとリボン同盟 普列uni ベル受け同盟
絶賛応援中!
けもみみ祭り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュ第7話「コーネリアを撃て」

世界バレーの為、10分延長ですか。久々に深夜3時まで起きてました
よ。次の日が仕事じゃなくて良かった…昼間、ほぼ睡魔に襲われます。

冒頭ルルーシュの皇族時代に遡り、母親である后妃が暗殺された事を
父である皇帝へ報告に謁見を求める。父に如何して母を守らなかった
のか、重体である娘ナナリーの所へ見舞いにこないのかと父親として
当然の責務を果たさなかった父を問い詰める。しかし、父は非情にも
そんなルルーシュを鼻で笑い、弱者に生きていく価値は無いという。
未来のエリア11である日本へと交渉材料に送り込まれる事になり…。

予告でもあった通り、冒頭はルルの皇子時代が描かれていました。
想像通り、ルルの立場はこの頃には辛い状況じゃなかっただろうか。
この国は指導者の思想から厳しい実力社会だったようです。それは
親子であっても同じで弱き者は要らんそうな。幼いルルは、父に怯え
屈するしかなかった悔しさがC.Cとの会話に現れていた。未だに呪縛
に囚われているルルーシュの姿が少し辛い。きっと、こう言うのって
エディプス・コンプレックスになってるんだろうな…。
そして、身を寄せているアッシュフォード家が後ろ盾だった事。ミレ
イさんともルルは幼馴染かも?皇室に繋がる総てを喪失した兄弟を
匿うのは厚意なのか打算なのか気になる所。それにしても治療を受け
ているナナリー可哀想だ…。

サイタマゲットー掃討作戦でゼロを誘き寄せようと画策するコーネリ
アにランスロットを売り込むロイド。名誉ブリタ二ア人を軽んじるコ
ーネリアに売り込む事には失敗したが、ユーフェミアの口利きにより
一等兵から准尉にスザクは昇格。ルルも女の子に囲まれてますが、ス
ザクも中々のモテっぷりですな。お姉さん的位置にいるセシルさんに
勉強を見て貰ったり、オニギリを作って貰ったり。しかし、セシルさ
んパンに塗る物じゃないんだからブルーベリージャムは具にするのは
如何なの(笑)お米には七人の神様が宿ってるんですよー…!(笑)

学園に行ってみたらとセシル姉さんが仰るのでスザクは猫じゃらしを
片手に鼻歌を歌いながら生徒会室へ向かう。生徒会室ではシャーリー
とカレンが漫才に近い遣り取りを繰り広げていた。恋愛事になると普
段凛々しいカレンも形無しですな。この女の子らは、天然でギャグ要
員やな。誤解を解こうとするほど墓穴を掘っていくカレンが哀れ。
カレンと入れ違いに生徒会室に入るスザクにシャーリーはルルの事を
聞き出そうとし、うっかりルルが好きだと打ち明ける。2人を取りも
とうとルルに電話を掛けようとする所をシャーリーと揉み合いになり
押し倒してしまいました。頬を赤らめる場面が予告に有ったので、不
慮の事故でキスか!?でしたが、心配する程じゃなくて良かった。
前々回から猫に手を噛まれ続けているスザクが笑え…じゃなく不憫。
いつか思いが遂げられるといいですね…。

ゼロを誘き寄せる為に大々的に己の作戦をマスメディアを使い挑発
するコーネリアから母の死の真相をも聞き出すためにサイタマゲッ
トーに向かおうとするルルに、銃を突きつけ無謀な事を阻止すべく
C.Cが立ち塞がる。ギアスの力を与えてやった為銃で脅す方法しか
出来ない彼女に自分が死ねば望みは敵わないと道を開かせる事に
成功。敵機を奪い、サイタマゲットーのテロリストを無線で操る
が、クロヴィスとは違い実戦経験も指揮官能力も高い彼女に敗北
を喫する。ゼロ仕様のC.Cに助けられ、上手く逃げ果せたルルは
ブリタニア軍に負けぬ軍隊を作ろうと決意し…続く。

根っからの軍人気質らしくコーネリア姉様、超強い…!かなりの
専制君主っぷりだし。ブリタニア精神を体現しているお方ですな。
それに対比して、戦えないルルーシュ。後に彼専用のナイトメア
もでるらしいけど、戦えるのか心配。ギアスの力の過信が敗北の
原因ですね。それと、今回のオレンジ君。まだオレンジ言われ続
けてんですね(笑)ヴィレッタさんが、何やらギアスについて考
えてる様子。バレるのも時間の問題か…?C.Cの正体に更に謎が
できた展開ありと次回もシリアスが続く模様。
今回、ちょっと絵柄が変わったような…別に気になる程変わって
ないですけどこの調子で作画は続いて欲しい。

余談…アッシュフォード学園の猫祭りですか…学園園内総て猫耳
しっぽ猫語使用とか言う祭じゃないないよね…。

次回予告…本当、ルル様友達いないんだね(笑)来週は、もっと
スザクと絡んでくれ…!

スポンサーサイト

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Mail Form

HN
何か有れば一言♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。