気の向くまま徒然に旬のジャンルを扱った絵日記ブログで す。その時々を不定期に更新しています。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

藤川史

  • Author:藤川史


  • 誕生日 8月11日
    職業 看護師
    趣味 絵描き・映画鑑賞等
    関西在住の人。

    リンクは貼っても剥がすもご自由に。相互リンク様募集中。
    ご報告頂けると喜んで遊びに行かせて頂きます。
    何か有りましたら、下記のWeb拍手又はメルフォより問い合わせて下さい。

最近の記事
カテゴリー
参加中の同盟
ルルスザ同盟 ゼロスザ同盟 ルルユフィ同盟 軟弱のルルーシュ 百発チーズ同盟 米英日みつどもえ同盟 伊日ロマ主張 西墺同盟 ブレネリ同盟 リヒテンシュタイン同盟 スイリヒかわいい カナダさんを愛する友の会 米を愛す会 英国紳士不憫同盟 香港同盟 日台同盟 バラとリボン同盟 普列uni ベル受け同盟
絶賛応援中!
けもみみ祭り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2周年アンケート。

先日締め切ったアンケートのSS。


思ったより、時間が掛かりましたが順次UPしていきますね。

以下、アンケのルルスザSS。



■夜の帳は既に落ちた■


――――…吸血鬼。

陽光の下では生きられぬ、人の血を啜って生きる魔物。
ホラー映画では使い古した怪物の代表的な物。
よもや、その笑い種になるような存在が自分であれば如何だろう。

吸血鬼と言っても厳密には違う。ブリタニアの風土病と言うべきか
一部の人間に蔓延する嗜血症。嗜血症となった人間は、血中に病原
体が入り込み、不老長寿等の恩恵を与える代わりに宿主の赤血球を
蝕む。その為、嗜血症患者は慢性的な貧血となって他者から血液を
奪う。それが吸血鬼たる所以…陽光を嫌い、銀を怖れる事は無いが
日中を活動するには過酷だった。
それに知られては居ないが、ブリタニア皇族一同は例外なく皆嗜血
症を先天的に持っている。
その中でも異端の存在である第11皇子ルルーシュ・ヴィ・ブリタ二ア
は日中でも活動できる希少種であった。其れゆえか、宮廷内では羨望と
妬みに曝され、事件が起こった。後ろ盾である母親マリアンヌ皇妃の暗殺。
後見人の居ないルルーシュは自由と光を奪われた妹を抱え日本へと追い払
われた。そして現在は、亡き母の親戚であるアッシュフォードの別邸に預
けられた。

          **************

西日が傾き、周囲が空を茜色に染め夕焼けに包まれる頃。
俺は、妹の他に生涯で何よりも得難い存在と出会った。その人間…
否、当時は幼き子供であった枢木スザク。そいつと出会って俺の凍
った時間は動き出した。

邸宅から離れてもそう遠くない森。自生する大樹の下にスザクは居た。
己まで眠りに誘うよな規則的な寝息。伏せられた栗色の睫毛とふっくら
した子供らしい頬と唇…一目惚れと言う物だろうか。眠る相手の近くま
で歩み寄り目の前に立ち止まると腰を屈め、繁々と顔を覗き込む。
「―――…ねぇ、君…」
樹に寄り掛かって眠る子供の肩を掴んで小さく揺さぶる。払い除けるよ
うな仕草をしたが、閉ざされた双眸を薄く見開くと澄んだ翠の眸が自分
を映す。寝惚け気味だった子供の思考が次第に覚醒してくると手が添え
られていてもお構いなしに跳ね起きた。ふわふわと柔らかい栗色の癖っ
毛の頭を掻いて、目覚めた子供は周囲を見回す。
「やば…寝すぎたッ…って、お前誰だよ」
「はぁ?それは、こっちの台詞だ。此処ら一帯は私有地なんだぞ、どっ
 から入り込んだんだ君は!」
互いに睨み合い火花が散る。あの頃は、取っ組み合いの喧嘩もすれば磁石
の様に惹かれ合うのも時間の問題だった。ただ、純粋に友達の存在が欲し
かったのかも知れない。ふざけて抱き締めれば、憧れてやまない太陽の匂
いと草の香りのする栗色の髪に顔を埋めた。万華鏡のようにくるり、と変わ
る豊かな表情は瞼の裏に鮮明に焼きつく。過去形になってしまったのは、
歳を取りにくく成長が遅い体質の為一つの場所に留まれないから。

俺達は人間を糧に生きる魔物だ…ただの人は異端者には厳しい。

きっと知られたら、スザクは俺を拒絶する。

俺を化け物だと蔑み、突き放すだろう。

――――…今まで会った人間達と同じように。


別れてから何年経ったとしても、手に取ったスザクの柔らかく華奢な掌を
忘れられない。不意に胸が疼くように痛む度、甘い記憶が脳裏に浮かぶ。
記憶と裏腹な苦い現実を自覚すれば、諦めたように眉根を下げ口許を自嘲
気味に歪ませる。

あれから、7年…。

ブリタニアとの戦争を逃れ、あの子が生きていれば今の自分と変わらない
程度に成長しているだろう。

―――…コンコン。

『―――…お兄様?』
扉を叩く音と共にドアの向こうで鈴を転がすような妹の声が耳に届く。
子供時代の夢の記憶から完全に思考が目を醒ます。
「く…っ…いや、大丈夫だよ。其れより何だい、何か用?」
どうやら、疲れて自室のソファに寄り掛かったまま夕方まで寝こけていた
らしい。強張った体を丹念に解しながら、仮眠用のソファから立ち上がり
心配そうな妹の声音を察し、ドアを開ける。車椅子に乗った盲目の妹に
優しく語り掛けると先ずは、目覚めても顔を合わさないで居た事を謝った。
「お兄様…楽しい夢だったのですか?お声がいつもと違います」
「そうかい…?ナナリーは、凄いな。声だけで分かるのか」
妹の問いかけに、動揺し肩を震わせたが普段通りの兄を装う。
悟られず、このままスザクとの思い出は胸に仕舞っておく方がいい。
今は、体の弱い妹を護る事が俺に残された事だから。



2へ続く。


■後書き■
2周年アンケートの結果は、吸血鬼ルルスザ。
オチまで考えているんですが、思うようにキーが滑らず初っ端から
躓いてます。次回からは、スザク登場。スザク視点で進めていくつもり
です。

お気に召しましたら、拍手感想よろしくお願いしますv

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Mail Form

HN
何か有れば一言♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。