気の向くまま徒然に旬のジャンルを扱った絵日記ブログで す。その時々を不定期に更新しています。

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

藤川史

  • Author:藤川史


  • 誕生日 8月11日
    職業 看護師
    趣味 絵描き・映画鑑賞等
    関西在住の人。

    リンクは貼っても剥がすもご自由に。相互リンク様募集中。
    ご報告頂けると喜んで遊びに行かせて頂きます。
    何か有りましたら、下記のWeb拍手又はメルフォより問い合わせて下さい。

最近の記事
カテゴリー
参加中の同盟
ルルスザ同盟 ゼロスザ同盟 ルルユフィ同盟 軟弱のルルーシュ 百発チーズ同盟 米英日みつどもえ同盟 伊日ロマ主張 西墺同盟 ブレネリ同盟 リヒテンシュタイン同盟 スイリヒかわいい カナダさんを愛する友の会 米を愛す会 英国紳士不憫同盟 香港同盟 日台同盟 バラとリボン同盟 普列uni ベル受け同盟
絶賛応援中!
けもみみ祭り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュ第15話「喝采のマオ」

睡魔で視聴が危うかったのですが、見逃さず視聴できました。
前回はルルシャリだったのに、今回はルルシーかッ!!
今回の見所は、ルルシーでも扇ヴィレでもなくマオだった気
がします。

ナリタから戻る電車の中、C.C.にマオとの関係を問い詰めるルル。
C.C.から、マオのギアスを聞き出の心を読む事ができ、集中すれば
深層心理さえ読むことが出来る物。自分以外に力を与えた男が居る
ことが気に入らないルルは、執拗にC.C.を突付いてマオの弱点を
聞き出す。回数制限と発動条件がない変わりに、常に他者の思考が
自分に届き、自己の能力を制御できない事を知った。一方のマオは
C.C.を求めて彷徨っていた。

C.C.は子供の頃からマオを知っているようで、11年前にギアス
を授けたって事はマオは17歳ですか。それにしても老け過ぎ…。
そしてヘッドフォンは、心の声対策ですか。C.C.に対してのストー
カーぶりは、一種のマザコンのようです。この時のマオの顔も相当
ヤバイ。C.C.逃げて…!

クラブハウスに戻るとルルは、久し振りに妹と団欒を楽しむ。
身近な友達を利用された事から、最愛の妹が狙われるのではと考え
暫くは妹を守る為、傍を離れない事を話す。
自室では、C.C.とマオ対策について話し合っている最中。
自分を囮にしろと言うC.C.に、激昂する。ルルは、ギアスを使用し
続けるとマオ(変態)なるのか、それを知ってて契約を持ちかけたの
かと、マオの存在にきちんと始末をつけなかった怠慢さが原因だと
シャーリーの件を含め、C.C.を責める。聞き耳持たないルルに愛想
が尽きたのか、C.C.はルルと違う別行動を取り始める。

久々に兄妹揃っての団欒シーン。妹の存在は癒しのようで、ルルの
声も顔も緩やか~な感じに。妹を守るため、クラブハウス中は監視
カメラだらけになりました。そんな状況にも馴染むナナリーも凄い
…(笑)そして、C.C.を責めるルル。正論ですが、彼もシャーリー
に対してC.C.と同じ事をやっている事に気付いたようです。今回の
話は、C.C.が招いた事なんですが、彼女も過去と決別する為、漸く
責任を果たしに動くようです。それにしても、ナナリーがシュナイ
ゼルを知ってるなんて…ルルは、シュナイゼルにチェスの腕を鍛え
られたんだろうか。

一方、特派ではユーフェミア皇女と会える方法を尋ねるスザク。皇女
と会うには騎士以上の身分が居るらしい。そして、セシルからロイド
は伯爵だから力になれるかも知れないとの事。セシルから突っ込まれ
ながら、場面は学園へ。ミレイに婚約話の相談を受けるルル。そこに
シャーリーが現れるが、他人のように振舞う彼女に違和感を感じるミ
レイは、ルルに問う。喧嘩して他人ごっこの最中だから付き合って欲
しいと頼み難を逃れる。
その間にも黒の騎士団を使いマオの行方を探す。C.C.も独自にマオの
居場所を探して居たが手掛かりを掴めないでいた。
一度、クラブハウスに合流する2人。対策を練っているとマオ自信か
ら携帯に連絡が入る。C.C.が取り、会話の後…唐突に、別れを宣言さ
れるルル。しかし納得できず引き止める為に、ギアスを使うが効かず
C.C.はマオの元へと向かう。

予想の範囲内でロイドが貴族だった事。この後メディカルチェックを
受けたスザクが精神面で父親の呪縛がある事には分かってたけど過去
ってこれだけですか…次回まで持ち越し?藤堂がスザク父の慰霊碑を
参ってたけど…ゲンブは玄武って彫られていた事は、スザクは日本名
朱雀ですか…枢木総理は、徹底抗戦を望んでいたのに自決したようで
すが、父親の死にスザクは関係しても間接的じゃないかな…大の大人
しかも尊敬する父親なら可能性は低いかも。
会長…もしかして、ルルーシュが好きなんだろうか。婚約者がシュナ
イゼルの可能性って有り得るんですけど…。ブリタニアは一夫多妻制
のようだから、皇妃の一人になるんでしょうかね。
前回から瀕死のヴィレッタは、扇に拾われ手当てして貰ったようです。
記憶喪失らしくゼロの事は覚えていないと言うか、口調と表情が柔和
になってました。凛々しく計算高い彼女も好きですが、女らしいヴィ
レッタも好きです…でも、相手が扇かよ。オレンジ可哀想!!

C.C.にだけ居場所を教えたマオは、白馬のメリーゴーランド
に乗って彼女の前に現れる。相変らず、ガキだと呟き銃を向ける
C.C.は情からかマオを殺せない。殺せないのは自分が好きだからだと
自信たっぷりに歩み寄るマオは、手に持った銃で容赦なくC.C.の四肢を
撃ち抜いた。そのままC.C.を攫うのは大変らしく、調達してきたチェー
ンソーでコンパクトに纏める気、満々の所を特設TVモニターによって
姿を映し出したルルは、マオの凶行を止める。東京タワーと現在地から
自分のギアスを封じても意味はないと。嘲笑しているマオにC.C.ネタで
挑発するルル。嫉妬を爆発させたマオはモニターを破壊し、C.C.をバラ
そうとするが其処に姿はなく警察に誘拐犯として取り囲まれる。
策略に乗せられたマオは、ゼロの正体を口にした事でルルのギアス発動
ルルに操られた警官たちは一斉にマオを蜂の巣に。警官に紛れ、C.C.を
助け出したルルは、改めてC.C.と契約を結び…続く。

変態的な登場をしたマオは、白馬の王子ではなく変質者です。
C.C.はこれに引いた模様で殺ってやるぜって感じでしたが、返り討ちに
…マオ、今流行りの四肢切断ですか…!切断された手足は元に戻るんだ
ろうか…元が有れば繋げる事できんのかな?
俺のもの発言とラストのルルシーで誰が正規ヒロインなのか迷走…。
そして、あっさり蜂の巣にされたマオ…しつこいようだから、次回も
出てきそうだけど…次週で退場かな?






スポンサーサイト

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Mail Form

HN
何か有れば一言♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。