気の向くまま徒然に旬のジャンルを扱った絵日記ブログで す。その時々を不定期に更新しています。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

藤川史

  • Author:藤川史


  • 誕生日 8月11日
    職業 看護師
    趣味 絵描き・映画鑑賞等
    関西在住の人。

    リンクは貼っても剥がすもご自由に。相互リンク様募集中。
    ご報告頂けると喜んで遊びに行かせて頂きます。
    何か有りましたら、下記のWeb拍手又はメルフォより問い合わせて下さい。

最近の記事
カテゴリー
参加中の同盟
ルルスザ同盟 ゼロスザ同盟 ルルユフィ同盟 軟弱のルルーシュ 百発チーズ同盟 米英日みつどもえ同盟 伊日ロマ主張 西墺同盟 ブレネリ同盟 リヒテンシュタイン同盟 スイリヒかわいい カナダさんを愛する友の会 米を愛す会 英国紳士不憫同盟 香港同盟 日台同盟 バラとリボン同盟 普列uni ベル受け同盟
絶賛応援中!
けもみみ祭り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュ第11話「ナリタ攻防戦」

ギアスの次回予告は人の興味を惹きつけるのが上手いですねー。
今回もお持ち帰りの仕事をしながら、色々伏線てんこ盛りな11話
を観てました。

黒の騎士団、ブリタニア軍、日本解放戦線と3軍入り乱れた混戦状態から
始まる。思わぬ攻撃に孤立してしまったコーネリアは態勢を整えるべく他
の部隊と合流するため後退を始める。そこに、ナリタ入りをした藤堂含む
四聖剣のブライが参戦に加わりコーネリアの背後を襲う事に成功。ルルは
藤堂の手腕を褒め、コーネリアを追撃すべく合流地点へ向かう。

前回に引き続き戦闘が続く今回。戦闘が有る回は迫力が違うな…!
散々出し渋ってきた藤堂さんが活躍。側近のギルフォード等と交戦場面と
会話は格好良かった。武人として非常に有能である事がギルフォードから
語られる。現在の所、指揮官能力しか持たないルルにとって、今後仲間に
なるであろうと藤堂は貴重な人材となると思う。お互い認め合ってるよう
だし。ギルコーも見れたわけですしな、大人同士の騎士姫ですかね。

藤堂をギルフォードに任せ逃れてきたコーネリアを追い詰めるルル。
カレンの紅蓮弐式でグロースターを無力化させる。母親殺害の真相を聞き
出すべく投降を呼びかけるルルに、戦意喪失せず毅然と勝負に挑むコーネ
リア。片腕をもがれ、戦う事ができないコーネリアにランスロットに乗っ
たスザクが山崩れの現場を真っ直ぐに突っ切り救援に入る。紅蓮弐式と
ランスロットの戦闘。互いに性能の違いは僅差。操縦能力は僅かにスザク
が上か互角の戦いにも岩場が崩れ、崖に落ちた紅蓮弐式の右腕が使えなけれ
ば撤退を余儀なくされる黒の騎士団。ゼロを追うように命を下され、スザク
はゼロを追い込んでいく。

カレンVSコーネリアの女の戦いは、カレンが勝利。カレンVSスザクは決着
つかずのよう。機体としては紅蓮弐式よりランスロットの方が個人的好み
です。紅蓮って丸々してるからなぁ…それより、ルル様。今後の教訓にパ
イロットとしての腕とか身につけた方が良いんじゃないだろうか。最近、
女の子に庇って貰ってるばかりだしさ。

機体を半壊にし、表に現れたゼロと対峙するスザク。クロヴィス暗殺・河
口湖の件助けられた事を思いだし、感謝するも思想と境遇の違いからゼロ
を見逃す訳にも行かず銃口を向ける。ルルの危機に姿を現すC.C.は、ラン
スロットに歩み寄り、不思議な能力によりスザクに精神攻撃を仕掛ける。
敵機の異変に気付いたルルは、逃げろと言うC.C.の肩を掴むと彼女の能力
を通して、怯える子供・暴徒に襲われる聖堂・ギアスの徴が額に宿る尼僧
死んだルルーシュ母とスザク父を観る。一方、攻撃を受けたスザクにも過
去の断片が甦る。死んだ父親と対面したスザクは、今までに無いほど狼狽
し恐慌状態となってランスロットは暴走してしまう。

C.C.の能力発動時に、3人同時接触した所為か互いの精神世界が混在して
しまったよう。ルルは、C.C.の過去の一部と母親とスザク父に接点が合っ
た事を知ったみたい。スザクの亡き父に対しての過剰反応を見ると影の深
さが窺えた。一人称まで変わってるし…「僕」から「俺」って!元々の一
人称は「俺」だったんだね…(萌)スザクは、自分の父親を殺した(殺させ
られた)若しくは、見殺しにしたとか?現時点じゃ分からないけど。
ルル母とスザク父には接点があるようだし、気に な る !一瞬だけど
座り込んだスザクの前に居たのは、ルルーシュ…?ランスロット乗りが解
かってしまうのか…!?毎回美味しい所でお預けですよ、日の出さん!!

撤退したブリタ二ア軍では、コーネリアも流石にランスロットの力を認め
ざる居れなくなり、側近のギルフォードにパイロットは如何したと聞く。
回収された機体の中でスザクは未だに恐慌状態に陥っている事を報告され
る。ランスロットの暴走に巻き込まれたC.C.を洞窟で介抱するルル。
体の再生能力に驚きつつ、C.C.の秘密を探る筈だったが、寝かされたC.C
の呟きに耳を寄せる。呟いた言葉は、彼女の本名。傷が癒え、身支度を
整えるC.C.にこれまでの事を感謝する。生まれて初めて聞いた感謝の言葉
に嬉しさを 隠せないC.C.は、もう一度心を込めて名前を呼ぶように頼む。
ゼロと逸れ彼を探すカレン達。携帯に連絡が入り、カレンは彼を迎えに
行く。傍らにはC.C.が佇み、彼女を警戒するがゼロは仲間だとカレンに
告げ…続く。

…微妙な三角関係の始まりです。ルルのC.C.に対してのデレっぷりに軽
く怖気が…。何なの、このツンデレは!(笑)そして恋する乙女の複雑さ
が顔に出てるカレンにも萌。
今回は特派にも出番があって良かった。セシルさんは、意外と腕っ節が
強かったんですね。ロイセシってカカァ天下だよ…(笑)シュナイゼル
を兄上と呼ぶコーネリアにも不覚にも萌えた(笑)第2皇子×第2皇女も
中々良いなぁ。11話で退場したのはキューエル卿でした。だからOPに
いなかったんだね…オレンジ卿は迷言を増やしながら力尽きた(気絶?)
ようですね。復帰して欲しいなぁ。



次回予告は、舞台はキョウト!黒髪の姫は神楽耶って言うけど、個人的
にはカタカナのサクヤが一番似合ってると思う。何で名前変更したんだ
ろう。サクヤが良いよ~。

スポンサーサイト

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Mail Form

HN
何か有れば一言♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。